· 

アーキペラゴ第2回 粘土であそぼう!

さあ!今年度いよいよ2回目の山田さん登場です

子ども達も「わあ、やまださ~ん」とすっかりおなじみです。

今日は陶芸用の粘土で遊んでみよう。外のテントの下には形がいろいろな発泡スチロール、タライの水、ちっちゃなバケツが置かれています。

 8グループに分かれたはと、つばめさんが遊び始めました。

粘土の感触を楽しみながら、丸めて目と口を指でついて穴をあけて・・その口(くぼんだ穴)に(水を飲ませようと入れると其れが流れて、そこからヌルヌルの感触あそび、あっというまに、泥んこ、滑ったり、投げたり、顔に塗ってみたり・・とあそぶ あそぶ  その姿が何と子どもらしいこと。

 

おとなの想像を超えた粘土で遊ぼう こどもだけでなく、大人も”たのしかった!!”でした。