廃材遊びに挑戦

 普段の保育は、一定の教育や遊びの道具をつかいますし、カリキュラムめいたものが必ずあります。

子どもが育つ保育をするためには効果的です。

今年は昨年の芸術士さんによるアーキペラゴの活動を通して、子どもと大人がコミュニケーションを取り合いながら、カリキュラムの当たるものを一緒に作っていってみようと思っています。

 

5歳児はと組さんの”廃材で作って遊ぼう”はそんな感じでしょうか・・形ができるできないだけでなく、担任はそれぞれの子どもの廃材を前にしての語りを聞いたようです。「服つくろ~」「かっこいいロボットがいいなあ」「ガチャガチャのケース」「太鼓」「ロケット!」「カスタネット」中にはメガネを作ったり・・あれこれの作品がみんなちがって・・みごたえがありました