· 

子ども食堂と共に

 園児のおばあちゃま(おじいちゃまもです)で、いつも園に沢山お力をお貸しいただく方が、昨年より子ども食堂をお仲間と運営されています。

 毎月1回、食事(季節に合わせた献立です)とあそびの場を提供されています。

 実は私も、先月はおもちつきで、香川県の珍しいお雑煮(白みそ仕立てで餡餅入り)のお相伴にあづかりたくて、のぞかせていただきました。大勢の大人と子どもたちが、実に楽しそうに手際よくお餅つきや配膳片付けから遊びまでされている姿に感動し、心もお腹もいっぱいにしていただきました。お雑煮の感想はごはんとデザートをいっぺんに食べたお得感、おいしかったです。

 年初めの今日はシチューを作るということで、「使い捨てのスプーンは嫌だから、保育園のをかしてくれないかしら・・」と相談があり、協力させてもらいました。

会が終わってその足でスプーンを返し来られ、一緒に次回のチラシをいただきました。

 それが、写真のチラシです。  挿絵に注目!

けん玉の絵はおにいちゃん(卒園児)「子ども食堂・ひだまり」のデザイン画になっているものは妹君(在園児)の絵です。とってもかわいいでしょう。

子ども食堂ひだまりは芳泉学区、南公民館で開かれています。

今日は慈善団体の方がおみえになって、トレイを寄付してくださったそうです。もち米も野菜も多くの方の提供があるとか・・

 多くの人がつながっていって、すてきな子どもの居場所ができたことを、「よかったね」と喜び合いました。

うらやす白鳩は昨年もいくつもの子どもたちのために尽力されるNPO団体とつながることができました。ことしも「ともに」を大事にしていきたいです。 脇さん、ちょっぴりお疲れの様子でしたが、素敵な笑顔に癒されました。今年もよろしくお願いしますね。