· 

りんごのまるかじり

リンゴの美味しい時期になると、山形の農家よりリンゴを取り寄せて、おやつに丸かじりをしていただきます。

 由来について、初代の園長と農家の寒河江さんからきいたはなし。

初代の園長は、まだ歯磨きを上手にできない園児にしっかり硬いものを噛んで食べさせることで虫歯の予防になると考えていたようです。子どもがまるかじりできる小さいリンゴを探していたところ、それを耳にした山形の寒河江さんが送ってくださったのが始まりです。

 果樹園としては大きな(立派な?)ものの出荷を考えてられるはずですが、毎年丸かじりできる小玉を用意してくださいます。30年以上も前からのお付き合いで、『今でも東北の地より、中国地方までリンゴを産直できることをありがたいと思っています。』とお手紙にありました。

 お迎えに来た保護者がリンゴを香って「これは売ってるのと匂いが全然違う!」と一言。丸かじりできない年齢の子どももしっかり嚙んで、おいしくいただきました。

『今朝の最低気温はー2℃。寒いです。我が家の猫も、外へは出ようとしません』と山形の様子です。

寒河江さん、お風邪を召されませんように。