· 

田植え~新米まつりまで 

春から田植えをして、育てたお米も先日の稲刈りで収穫が終わりました。

 子どもたちが稲を育てることに継続して関わることを大切にし、

  稲から穂を摘み取る作業はつばめさんにも手伝ってもらい、はと組は脱穀までします。

ビンに入れて、棒でついて、モミを取ります。なかなか根気のいる作業(手間がかかることを知ってほしいんです)を経て、ようやくできるお米も玄米で、いつも食べている白いお米とはちょっと違う・・そんなひとつひとつが、田植え~新米まつりまでの保育です。稲わらは土俵やお泊りでなったわらになって、これからお正月のしめ飾りになります。

 

今日は大事に育てたからこそ、大切で美味しい新米をおにぎりにしておやつでいただきました。