· 

初めての縫い針

はとになって、縫物をします。はじめてのこと、5歳児クラスを担任したことのない職員も一緒に、職員研修をします。

 担任が「これどうですか?」と針を手にもって、先をつんつん。    子ども達「あぶない!」

「危ないものでも、気を付けて使えば、道具として役に立ちます。去年のはとさんがみんなに雑巾をくれたよね。そんなぞうきんを今度はみんなが作れるようになるんよ」とお話が進みます。

 どの子も真剣に聞いて、針に糸を通すところまでが、今日の目標です。良かったね。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    pippi (土曜日, 11 11月 2017 07:26)

    写真がぼやけてる^^必死さはわかります。
    伝承遊び相撲見てきました。ピンクぼうしさんは立ったまま・・動かず。でも黄色帽子のお姉ちゃんお兄ちゃんたちがそっと背中を押したりして「相撲の仕方」さりげなく教えてた。黄色の鳩さんはすごい迫力で、体ちいちゃくても遠慮せず、なげわざ足つかみもあったりで。泣けた子は悔し泣き(これも久しぶりに見ました)いいね、本気は。
    子供たちが仲間で育っていくの実感しました。私保育全く関係ありませんが、すごい仕事ですね。